臨床医薬研究協会
最新号

『臨床医薬』 vol.33 no.2

 

●公開フォーラム

 

日本のバイオシミラーの現状と論点

 

主催:厚生労働行政推進調査事業「バイオシミラー(BS)使用促進のための課題解決に向けた調査研究」班

 

 

豊島  聰

 

第1 部 バイオシミラーの開発,承認と市販後

 

バイオシミラーの現状と課題

 

南部 静洋

 

バイオシミラーの現状と課題
事業参入の側面から

 

加藤 勝之

 

バイオ医薬品の開発と製造
-協和発酵キリンを例として-

 

内田 和久

 

製薬協バイオ医薬品委員会から見た課題

 

佐藤  章

 

日本のバイオシミラーの現状と論点

 

松崎 淳一

 

バイオ後続品の規制の動向

 

沢登 健治

 

総合討論

 

座長 川崎 ナナ

 

第2 部 バイオシミラー使用促進に関する使用者から見た課題
-医師・薬剤師・患者の意識と理解-(バイオシミラーの経済効果と課題を含む)

 

関節リウマチにおけるバイオシミラー その現状と問題点

 

金子 敦史

 

病院薬剤師から見た課題

 

高橋 弘充

 

バイオシミラー使用促進の経済効果と課題

 

坂巻 弘之

 

総合討論

 

座長 豊島  聰

 

最新号

株式会社 臨床医薬研究協会

住所 東京都港区赤坂1-1-14
  NOF溜池ビル7階
 
TEL 03-5575-5631(代表)
FAX 03-5575-5632(代表)
  • 医学文献検索メディカルオンライン
  • J-STAGE
お知らせ