臨床医薬研究協会
最新号

『臨床医薬』 vol.33 no.11

 

●日本製薬医学会 第8回年次大会

 

ネットワーキングで拡がる製薬医学の世界
SB1-2 臨床試験における Quality by Design と Risk Based Approach

 

セッションのねらいと概略

 

松山 琴音

 

トランスセレレートが提唱する Risk-Based Monitoring の Key Concept を正しく理解するために

 

佐伯  訓

 

Quality by Design を用いたプロトコル立案(QbD implementation in protocol planning)

 

松山 琴音

 

リスクベースドアプローチによるモニタリングとデータの質確保

 

小宮山 靖,松山 琴音

 

最新号

株式会社 臨床医薬研究協会

住所 東京都中央区銀座8-17-5
  アイオス銀座4階
 
TEL 03-6260-6820(代表)
FAX 03-6260-6821(代表)
  • 医学文献検索メディカルオンライン
  • J-STAGE
お知らせ